2016年8月

中学受験の必要性とは?

中学受験の必要性とは?

(公開: 2016年8月12日 (金))

中学までは義務教育なので、公立でなんの問題もないと思うので、基本は中学受験はしなくていいと思います。しかし、地域性や、通う学校によっては受験をして、ある程度ちゃんとした学校に行った方が、入学後の生活が楽だと思います。あまりに、ヤンキー学校だったりすると、多感な時期に周りに染まってしまったり、いじめられたりすることがあると思うからです。受験したからと言って、必ずしもそうした在学中のトラブルが回避出来るとは思いませんが、学力や、親の金銭状況などある程度に通った子供達が集まるのが受験するメリットだと考えます。また、高校までのエスカレーター式に入ってしまえば、高校受験の必要もないし、結果的にコストパフォーマンスがいいこともあると思います。

大事なのは、受験する本人の、モチベーションと希望がどこにあるかよく相談し、最善の方法をサポートしてあげることだと思います。中学受験をしなくても、どの道高校受験、その後は大学受験等が待っているので、急ぐこともないし、ゆっくりしていることもないと思います。行きたい学校、なりたい夢次第だと思います。
情報の詳細は親の役割について※中学受験の親OY05こちらのサイトです。